本文へスキップ

Miyagi Nango High School

TEL.0229-58-1122

〒989-4204 宮城県遠田郡美里町大柳字天神原7番地

学校案内School prospectus

学校長あいさつ

                             

宮城県南郷高等学校  茂木 好光

 本校は,昭和6年,地元旧南郷町の篤志家野田真一翁の浄財により誕生し,平成28年で創立85周年を迎える県内有数の歴史と伝統を有する学校です。卒業生は1万人を超え,それぞれが地元はもちろん,県内外の要所で活躍しております。
校訓は「礼譲和協」です。ひとつひとつの文字には次のような意味が込められています。
  礼:高い規範意識を持ち,礼儀作法を重んじ敬意をもって接する人になる。
  譲:相手の立場に立って,物事を考え行動する人となる。
  和:友情を育み健全な人間関係を築く人になる。
  協:仲間を助け支え会うことで,自らを高めていく人となる。
高い徳を有した人づくりを根幹に据える学校にふさわしく,全国緑化コンクールで何度も特選に輝いた県下一の雄大な校地の一角には,二宮尊徳像が置かれ,生徒の学びを静かに見守っています。
 また,「教育基本法及び宮城県教育基本方針に基づき,『礼譲和協』の校訓にふさわしく,地域社会の発展に貢献しうる人材を育成する」ことを,教育目標に掲げております。
 さらに,本年度は「凡事徹底」の励行を努力目標として掲げ,当たり前のことを丁寧に徹底してやることに取り組んでいます。特に,挨拶・服装(身だしなみ)・清掃の徹底に全校生徒をあげて励み「みやぎ高校生マナーアップ運動推進校」として社会人としての基礎力を身に着けたいと思います。
 本校では,これらの目標のために,本年度は以下の3つの柱を中心に取り組んでいます。
 第一は,「ICT教育」の推進です。生徒が授業により興味関心を持ち,基礎学力の向上につながるような取り組みを一層推進することです。
 第二は,「フラワーサービスプロジェクト」の推進です。魅力ある学校づくりの一環として,小中学校をはじめとする地域社会と植栽を通じて交流することで,生徒のコミュニケーション能力向上と地域貢献を図ることです。
 第三は,「被災地理解と支援」の推進です。被災地支援活動を通して,生徒のボランティア精神の涵養と社会貢献を果たしていきます。
本校では,以上のような取り組みをすることで,生徒一人一人の成長と地域の方々に一層愛される学校づくりを目標に,創立90周年に向かって邁進していきたいと考えております。
 さらに,中学生の皆さんにも,本校の「学び舎としての魅力」を多く発信していきます。
 最後に,関係各位の皆様方のご支援とご協力をよろしくお願いいたします。


沿革

         
昭和 6年 3月31日宮城県遠田郡南郷村立国民高等学校設立許可
      4月10日大柳「野田倶楽部」を仮校舎として開校
      6月 1日宮城県遠田郡南郷村高等国民学校と改称
      9月23日本校舎竣工(野田真一氏の寄附による)仮校舎より移転
  10年 8月 1日青年学校令により公立青年学校宮城県遠田郡南郷村高等国民
学校と改称       修業年限2ヶ年、定員100名
  15年 3月 2日実業学校令及び農業学校規定第18条により宮城県南郷農学校
(乙種)設立許可
  16年 4月 8日南郷農学校「校歌」制定
  17年 2月 8日大講堂(現野田記念館)落成式
  18年 3月31日甲種農学校に昇格修業年限3ヶ年、定員150名
  22年 3月31日宮城県に移管
農業化に農芸化学科を増設
修業年限3ヶ年、定員240名
  23年 1月31日農芸化学科を農産製造科と改称
      4月 1日学制改革により宮城県南郷農業高等学校と改称
      7月 1日定時制課程、男子普通科設置  定員160名
  24年 4月 1日通常課程、女子普通科設置   定員150名
定時制課程、女子被服科設置  定員120名
  25年 5月 1日定時制課程鹿島台分校設置   定員男子普通科160名
               定員女子被服科160名
      6月 1日学則改正(本校通常課程女子普通科を家政科と改称)
      9月14日全日本学校植林コンクール萱等賞
  26年 9月14日全日本学校植林コンクール第一位
  30年10月22日「緑化の句碑」建立除幕式
  33年 7月31日旧体育館(710?)竣工
      9月 7日「校旗」(新意匠)同窓会より寄贈
  35年 3月 1日通常課程家政科1学級増募
定員300名、定時制課程(中心校)募集中止
      5月17日鹿島台分校新校舎落成式
(校舎983? 校地面積14,850?)
      6月 7日大講堂を「野田記念館」と改称し図書館開設
  36年 2月 3日農産製造科を食品化学科と改称
  38年 3月 1日食品化学科一学級増募(女子)
  40年 4月30日食品化学科実験室(367.5?)竣工落成
  41年 4月30日食品化学科実験室(355.7?)増築落成
  42年12月 8日農場実習生徒宿直室(鳴瀬寮)(142?)落成
      3月29日農業一学級増募  定員240名
  44年 4月 1日鹿島台分校、宮城県鹿島台商業高等学校として独立
      4月30日作物・畜産実験室、生徒作業準備室(360.9㎡)落成
  46年 4月18日全日本学校造林コンクール特選
  47年 4月 1日永久校舎建築期成会設立
  48年 4月 1日農業科女子募集
  49年 3月10日 柔剣道場(360㎡)落成
      3月28日温室(150㎡)ボイラー室落成
  51年 7月27日プール(25m・7コース)落成
  53年 6月12日宮城県沖地震により教室・合宿舎等半壊
  54年 2月 1日永久校舎建築起工式
      3月11日学校林三平山・岩渕山閉林
  55年 5月24日永久校舎建築落成
      9月30日合宿舎落成
     12月24日農業科一学級減
  57年 3月15日新体育館落成
      4月10日創立50周年並びに総合落成記念式典
     10月30日運動部部室(2棟)完成
  58年 3月30日運動場総合整備完了(陸上・野球・ソフト
          各グラウンド、バックネット共)
  61年 4月 1日宮城県南郷高等学校と改称し、農業科を「産業技術科」
家政科を「生活科学科」に学科改編。生活科学科一学級編成
校名変更により、学校名標札除幕式
  62年 2月 6日工業自習室竣工(308㎡)
      2月20日生物工学実験実習室設置、看護実習室設置、商業実践室設置
      4月 1日征服改編
     11月30日食品化学実験棟改修
  63年 2月12日情報処理室設置
平成 2年 2月19日畑4,001.60㎡ 481.32㎡  管理喚(減)
      2月28日全日本n学校緑化コンクール特選
      3月31日陸上競技場整備(公認習得可)
      8月 2日インターハイ会場(女子バレーボール予選)
      8月 3日インターハイ会場(女子バレーボール予選)
      8月18日町道境界フェンス設置
   3年10月22日「礼譲和協」校訓石碑建立除幕式
     10月25日創立60周年記念式典
   5年 1月14日食品化学科実験棟床改修
      2月26日全日本学校緑化コンクール準特選
   6年 1月20日情報処理室設備更新
      2月10日屋外用トイレ新設
   7年 3月20日国道、鳴瀬川境界フェンス設置
      4月 1日機械警備開始
   8年 1月18日産業技術科実験実習棟屋根改修
   9年 1月10日農産加工実習室棟照明器具改修
      4月 1日文部省委託スクールカウンセラー活用調査研究事業
               (~11年3月)
      7月11日平成9年緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰
  10年 3月18日旧体育館(809.5㎡)解体、整地
      3月31日学校林八色山閉林
      5月23日第48回青少年善行表彰
「公共生活への貢献」社団法人日本善行会
      8月29日「緑化活動顕彰碑」建立除幕式
  11年 2月26日食品化学科実習棟トイレ改修
      3月17日校門・門扉改修
      4月 1日食品化学科一学級減(募集定員:食品化学科40名
産業技術科40名  生活科学科40名  合計120名)
生活科学科男女募集開始
  12年 2月29日情報処理室設備更新
     10月16日第55回国民体育大会(富山)秋季大会
銃剣道競技少年男子の部優勝
  13年10月15日第56回国民体育大会(宮城)秋季大会
銃剣道競技少年男子の部準優勝
     11月 6日創立70周年記念式典
  14年10月28日第57回国民体育大会(高知)秋季大会
銃剣道競技少年男子の部第3位
     11月14日下水道接続工事完了
  15年 7月26日宮城県北部連続地震
     10月26日第58回国民体育大会(静岡)秋季大会
銃剣道競技少年男子の部第3位
  16年 1月16日食品化学科実習棟震災復旧工事完了
      4月 1日学級編成により食品化学科、生活科学科募集停止  一学級減
普通科一学級募集開始
(募集定員:普通科40名 産業技術科40名 合計80名)
     10月25日第59回国民体育大会(埼玉)秋季大会
銃剣道競技少年男子の部第2位
  17年10月22日第60回国民体育大会(岡山)秋季大会
銃剣道競技少年男子の部出場
  18年 3月31日食品化学科並びに生活科学科閉科
     10月 6日第61回国民体育大会(兵庫)秋季大会
銃剣道競技少年男子の部出場
  19年 2月28日情報処理室設備更新
      4月 1日制服改編
     10月 7日第62回国民体育大会(秋田)秋季大会
銃剣道競技少年男子の部第5位
  20年 9月24日野田記念館解体撤去
      9月28日第63回国民体育大会(大分)
銃剣道競技少年男子の部出場
  21年10月 5日第64回国民体育大会(新潟)
銃剣道競技少年男子の部第7位
  22年 4月 1日みやぎマナーアップ運動推進校の指定校
     10月 2日第65回国民体育大会(千葉)
銃剣道競技少年男子の部第8位
  23年 3月11日東日本大震災により教室・実習室等被災
      4月28日被災地支援ボランティア
     10月 8日第66回国民体育大会(山口)
銃剣道競技会準優勝
     11月11日創立80周年記念式典
  24年 2月18日第11回全日本短剣道大会団体高校生の部優勝
      7月 4日被災地支援ボランティア
  25年 2月22日体育館外壁改修工事完了
      8月 7日家畜審査技術競技会肉用牛の部団体最優秀賞
  26年 3月20日乳加工室、浴室解体工事完了
情報処理室設備更新

校訓
礼譲和協
   礼:高い規範意識をもち礼作法を重んじ、敬意をもって接する人となる
   譲:相手の立場に立って物事を考え行動する人となる
   和:友情を育み、健全な人間関係を築く人となる
   協:仲間を助け支え合うことで、自らを高めていく人となる


校章

台は早春霜をしのいで他の植物に先がけて開花する菜の花の花弁を置き、その四隅に「籾」を配し、米産地南郷の地にちなんで全体として「米」を象っています。稲は生命の根であり、「米」はヨネと読んで、世の根である。個人の生命を尊重し、世界の平和浄化に、文化と産業の振興に奉仕できる善良有為の人物となることを意味しています。春に先がけて咲く菜の花は、若さと創造の象徴となっています。


   

校歌
作詞 土井晩翠  作曲 陸軍戸山学校軍楽隊

1                 2
 北上連峰   遥かに北に      校庭仰ぐは   農家の偉人
 大崎耕土の  南の端に       薪を負ひたる 読書の姿
 鳴瀬の清流  境となして      倣はであらめや 尊き徳に
 南郷うれしき われらの郷土     青春われらの  血潮は熱し

教育目標
教育基本法及び宮城県教育基本方針に基づき、「礼譲和協」の校訓にふさわしく、地域社会の発展に貢献しうる人材を育成する。

教育方針
①生涯にわたり自ら学ぶ意欲・関心の喚起、またその態度の育成にための、基礎・基本を重視した
 学習指導を行う。
②個性の伸張と心豊かな人間性の涵養のためのきめ細やかな生活指導を行う。
③地域社会に貢献できる基礎的専門知識・技能をもった人材を行く資する。

学科目標
①普通科
 生徒一人ひとりの能力や適性に応じ、基礎的・基本的な知識を習得させ、社会人として必要な能力
 と態度を育てる。
②産業技術科
 産業社会の農業・工業・商業等に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、これらの業務に
 従事する職業人として必要な能力と態度を育てる。

学年努力目標
【1学年】
〔基本方針〕
 高校生としての自覚をを持たせ、本校における諸活動を通してコミュニケーション能力を育成す
 る。また、生徒一人ひとりの能力や適性に応じた目標を意識させ、意欲的に高校生活を送らせる。
〔努力目標〕
 1 基本的な生活習慣を確立させる。
 2 学習習慣の確立と基礎学力の向上を図らせる。
 3 志教育の観点から将来を見据えて日々自己実現に努めさせる。

【2学年】
〔基本方針〕
 基本的な生活主観を重視し、2学年としての自覚を持ち、本校における諸活動を通して社会性を
 身につけさせる。自治的な能力を育て、目標に向けて意欲的に高校生活を送らせる。
〔努力目標〕
 1 基本的な生活習慣を確立させる。
 2 学習習慣を確立させ、基礎学力の向上を図らせる。
 3 志教育の観点から将来を見据えて日々自己実現に努めさせる。

【3学年】
〔基本方針〕
 最上級生としての自覚を持たせ、本校における諸活動を通して社会性を身につけさせる。
 自治的な能力を育て、目標に向けて意欲的に高校生活お遅らせる。
 80余年の伝統を意識し、礼譲和協を日常生活において実践・行動できるようにさせる。
〔努力目標〕
 1 基本的な生活習慣を確立させる。
 2 学習習慣を確立させ、基礎学力の向上を図らせる。
 3 志教育の観点から将来を見据えて日々自己実現に努めさせる。

事務室からのお知らせ




各種証明書


各種申請手続き様式は、本校事務室で「証明書交付申請書」をお受け取りになるか、
このページの下部から様式をダウンロードし、印刷してください。


申請方法
①本校事務室窓口にて直接申請
②郵送にて申請(県外居住等によって来校できない場合)ができます。
 詳しくは下記の申請方法(PDFファイル)をご覧ください。

   ①申請手続き(PDFファイル)
   ②申請書記入
   ③申請書


発行に要する時間
・卒業証明   → 申請受付後に即日発行
・その他証明書 → 申請受付後4日~1週間程度の日数をいただいております。
          日にちは余裕をもって申請してください。


申請書類の郵送先・問い合わせ先
〒989-4204
宮城県遠田郡美里町大柳天神原7番地
電話  0229-58-1122
FAX 0229-58-1123
宮城県南郷高等学校 事務室証明書発行係あて



南郷高校通学方法  
南郷高校制服  


校章写真

school info.

宮城県南郷高等学校

〒989-4204
宮城県遠田郡美里町大柳字天神原7番地
TEL.0229-58-1122
FAX.0229-58-1123
→アクセス